上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

岐阜県高山市、というより旧国府町に来ています。
お日様はギラギラしていますが、小高い丘の上は湿気もなく爽やかな夏空です。
蛙の合唱も、ホトトギスの独唱もそれはそれは心ときめくものです。

ここに四十八滝温泉〈遊湯館 〉さんがあります。三セクの温泉センターです。
四十八滝と聞くと三重県名張市の赤目四十八滝を思い浮かべますが、こちらでもあるんですね。
そのうち四十八滝百選なんてできるかも知れません。

内湯に露天風呂、サウナに水風呂、ジャグジーやジェット等々があります。お湯も全て循環させている、これぞセンター系施設、という典型的なものでした。
ただ、内風呂の壁面はお亀と天狗(どう見てもひょっとこには見えなかった)にはさまれた獅子舞の獅子が描かれ、結構目を奪われる秀逸な作品でした。きっと地元の伝承で有名な話があるのでしょうね、聞いて見たかったです。
スポンサーサイト
2013.06.17 Mon l Mobaile l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://arnieonsen.blog94.fc2.com/tb.php/370-5e4b9a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。