上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

岐阜県も飛騨との境に近い美濃の茶所、白川に来ています。
飛騨川の清流が蛇行する山の斜面のあちこちに深い緑色をした茶畑が見られます。
新茶のおいしい季節、日本人でよかったと思える時ですね。

この町に道の駅「ピアチューレ」があり、その一画に〈美濃白川 道の駅温泉〉さんという施設を見つけました。
この道の駅、何度も来てますが、温泉の存在を知ったのは今日が初めてです。
サウナもなく、当然水風呂もなく、内風呂、露天風呂がこじんまりと備え付けられているだけの温泉で、アルカリ性単純温泉で循環している、本当に特徴のないものでした。
唯一らしさを出しているのが、露天風呂のそばの壺湯でした。
一応茶壺のつもりなんでしょうね。
スポンサーサイト
2013.06.13 Thu l Mobaile l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://arnieonsen.blog94.fc2.com/tb.php/369-c02ae750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。