上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

2年間、東日本大震災で中止されていた渡良瀬遊水池のヨシ焼きが復活しました。春を迎える草も虫も影響が大きいのでしょう、復活の為の協議会へ異を唱える人はいなかったようです。
白い、黒い煙がいく筋も天に向かって伸び、空は太陽すら仰ぐことが出来ません。

今日は茨城県古河市にある〈いちの湯〉さんを訪ねました。日曜の昼下り、たくさんの人が寛いでいます。
今日も開放的な露天風呂でしばしの時を過ごします。
三段になった露天風呂は一番上が洞窟風呂、二段目には壺湯もあり、一番下には寝湯もついています。私は珍しく壺湯に浸かりました。
温泉には取り立てて特徴はありませんが、長閑な春の日和に、気分は上々です。
ふと貼り紙があるのに気付き、読んでみると、渡良瀬のヨシ焼きの灰が風向きによってはここに降るが、その時はオーバーフローで流します、とのこと。
やはりこの行事に好意を持っているのが感じられます。
ただ「オーバーフロー~」の一節は???
意味がよく分かりませんでした。
スポンサーサイト
2013.03.17 Sun l Mobaile l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://arnieonsen.blog94.fc2.com/tb.php/356-f25b6e82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。