上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

あの奈良・和歌山県を襲った土砂災害の後、新宮を訪ねていなかったのですが、今日は久しぶりに訪ね、その後、熊野川沿いを走りました。
凄い傷痕ですね。未だに土砂崩れがそのまま残っているところがあって、その惨憺たる状況は容易に想像が出来ます。
道中至るところで復旧工事が続いています。
そのせいか、本宮大社の門前も人影が少ないようです。

さて、こちらも久しぶりの十津川村へ向かいます。十津川には湯泉地・上湯・十津川の3つの温泉がありますが、今日は十津川温泉の〈一乃湯ホテル〉さんを伺います。
2004年春から十津川村の温泉はすべて掛け流しになり更に消毒剤を入れず、非常に好評を得ています。
浴室に入ると微かな硫黄臭、途端に日本人の温泉好きDNAが活発化して、そそくさと湯船の中へ。湯口から注がれるお湯の音だけが静かに響きます。
露天風呂はまだ注ぎ始めでお湯が少ないので、腰掛け用の岩を枕に寝湯を楽しみます。
十津川村も数多くの被災をしました。この機に新しい道路も作っているようですが、一刻も早く完全復旧し、気軽に温泉巡りが出来るようになって欲しいものです。
スポンサーサイト
2013.03.13 Wed l Mobaile l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://arnieonsen.blog94.fc2.com/tb.php/354-985884b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。