上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

今日は立春、でも信州は春は名のみで、雪がそぼふる信州新町に来ています。
この辺は観光地の雰囲気がなく、素朴でいい所です。
川向こうに不動温泉〈さぎり荘〉さんがあって、日帰りの入浴を受け付けています。
「さぎり」とは本来「狭霧」と書きます。美しいではありませんか!
玄関横では真っ赤なお不動さんがお出迎え、ご丁寧に賽銭箱まであります。
浴室に内湯が一つ。雪を眺めながら、或いは瞑想しながらゆっくりと浸かります。雪が吸い込んでしまうのか、音のほとんどない、静かな立春の湯浴みを楽しみました。
頭の中は「春は名のみの風の寒さや~♪」と「早春賦」が巡っています。あの歌、結構好きなんです。時々「知床旅情」になってしまいますけど(笑)
「時にあらずと声もたてず、遥か国後に白夜は明ける」なんてね…
スポンサーサイト
2013.02.05 Tue l Mobaile l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://arnieonsen.blog94.fc2.com/tb.php/349-e55336d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。