上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

極寒の新潟県糸魚川に来ています。辺り一面真っ白、糸魚川線には何人ものスノーボーダーを見掛けました。
ボードを裸で抱えてる人が何人か、それって危ないよ、エッジで人を傷つけたらどうするの?
ここ数年、スキーから遠ざかっている私ですが、この人たちを横目に見て、銀世界に置かれると、体がもぞもぞしてきます。スキーの板を担いでいる人がいないのはちょっと寂しいですね。

気を取り直して目的地に向かいます。糸魚川から大町方面に少し行くと姫川温泉があります。朝から日帰り客を迎え入れている〈朝日荘〉さんが今日の目的地、冬で露天風呂はやっていないそうですが、大浴場で充分です。
ここの大浴場は混浴です。脱衣場は別々ですが、浴槽は一緒、但し一応のテリトリーはあります。境に背の低い木が置いてあったり、配慮はされていて、身体を隠すことは何とか出来そうです。
僅かに硫黄臭のするお湯、湯の花が浮かんでいますが、浴槽のタイルに着いているのもあります。掛け流しの湯ですが、浴槽の掃除に疑問符が…。
身体を洗おうとカランを捻ると、そこからも硫黄臭がします。湯量が豊富で、水道水を使うと却って高くつくのでしょうね。繰り返し温泉を使い回している所からすると、贅沢な使い方です。


眠気を熱いお湯で追いやり、さっぱりした身体で外に出ると、風に表層の細かい雪が舞い上がり、キラキラ美しく輝いています。
さぁ、長野の方に向かって行きます。
スポンサーサイト
2013.01.12 Sat l Mobaile l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://arnieonsen.blog94.fc2.com/tb.php/348-69cd3039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。