上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

早起きは三文の得!
秋は特にそうかも知れません。
早朝の群馬県嬬恋村をぶらぶらしました。
小さな祠への坂道、朝露に濡れた小径、そこかしこに真っ赤な楓の葉っぱ。
渓流沿いの森や林も黄色く紅く染まっています。
そして日の出と共に辺りの山々が一斉に眩しく輝き出す、山の端には薄衣の霧が立ちこめたり、湧き出たり、流れて消えたり。お日さんの反対側には淡い虹が、青い空に向かって溶け込んでいきます。
いや、これは三文どころではない大儲けです!

秋の感じ方は様々。実る梨や林檎や柿の色付きに感じたり、山の色が黄色く、紅くなっていくのに感じたり、刈り取られた殺風景な田んぼにそれを感じたり…

さて、この三文を握り締めて行ったのは、高崎市郊外にある箕郷(みさと)温泉《まねきの湯》さん、招き猫柄のTシャツを着た人たちが笑顔で迎えてくれました。やや黄色味を帯びたお湯があちこちの湯船に注がれています。私としてはこじんまりとした浴槽を幾つも造るよりは、ドカッとしたのを1つ造ってある方がいい、という感じです。そして出来れば見晴らしがきけばいいのに、と思った次第。だってここからの展望、とてもいいんです。
三文位払っても構わないので…。
スポンサーサイト
2012.10.30 Tue l Mobaile l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://arnieonsen.blog94.fc2.com/tb.php/333-75bd5e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。