上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

爽やかな秋風が気持ちのいい日です。今日は二十四節気の1つ「寒露」だそうで、北の方では文字通り初霜になった所があるそうです。
風に誘われて茨城県の北部をうろついています。高い空を背景に裏側(北側)からの筑波山に見惚れて、しばし足を止めて見入っています。
この小さな山に、幼い頃の思い出が甦ります。ここを登ったあの日も、こんな青空の清々しい下で、美しい関東平野を眺めたものです。街や家、田んぼや雑木林がつぶさに見えて、遠く霞むところまで続く、あぁ自分はこんな景色の中で暮らしているんだな、不思議な感動が全身を貫きました。知らない街や山や海を訪ねてみたい衝動に駆られた瞬間でもありました。
爾来、今に至るまで、この欲求だけは絶えることなく、こんこんと湧き続けています。

さて、今日の見知らぬ温泉は筑西市にある《あけの元気館》さん、公的機関の施設だと思いますが、受付のおばさんのつっけんどんな態度にいきなり憤慨、今日び公共施設でもこんな態度はしませんよ。のっけから元気を失いました。
浴室とプールがあり、浴室の中はジャグジー付の内湯と四角い露天風呂、サウナに水風呂という至ってシンプルなもの。お湯は無色透明でほんの僅かに塩味がします。
気を取り直して、露天風呂でに浸かっていると、あの懐かしい素朴な茨城訛りの会話が聞こえてきます。
そういえば、旅に出始めた頃に知り合った、水戸の姉妹はどうしているかな?と思いを馳せるのでした。
なんか昔を思い巡らす一日となりました。
スポンサーサイト
2012.10.08 Mon l Mobaile l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://arnieonsen.blog94.fc2.com/tb.php/329-a4a68bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。