上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

北原白秋は自らの作品で「曼珠沙華」と書いて「ひがんばな」と読ませています。
巧くしたもので秋の彼岸になると、呼び声がかかった役者のように、見事にその妖艶な姿を見せる花、今年は珍しく反応が鈍く、ポツリポツリとしか、姿を見せていませんでしたが、今日はあちこちで見られました。
私は赤い花しか見たことがないのですが、白いのもあるそうで、是非一度、眺めてみたいものです。
日がな信州をぶらぶらしていたら、曼珠沙華のみならず、栗の実が落ちていたり、薄が花を咲かせていたりと、一気に秋モードに突入しています。勿論風も雲もそうです。

で、今日お邪魔したのは伊那路の端にある月川温泉の《旅館月川》さん、こじんまりした内湯と露天風呂に単純温泉が注がれています。
私のみに提供されている貸切状態の浴室、外の岩風呂に身を沈め、瞑想に耽ります。ふと、そばの庭木に目をやると、せっかちにも葉を赤く染め始めているではありませんか。
あっという間の秋の訪れに驚くばかりです。
スポンサーサイト
2012.09.25 Tue l Mobaile l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://arnieonsen.blog94.fc2.com/tb.php/328-02d811bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。