上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

暑い日が相変わらず続いています。オリンピックの応援でさらに熱くなっている人が多いことと思います。
男子サッカー、残念でした。でも冷静に考えると、こんなところかな、とも思う。ただ韓国戦は何が何でも勝って銅メダルを首に掛けて欲しい。釜本が偉そうに「男子はメダルを取れない」なんていいやがって、是非とも鼻をあかして下さい。
さて、信州のへそに近いでしょうか、松本から青木峠を越えて、青木村の田沢温泉《くつろぎの湯》さんに来ています。村営の共同浴場的な存在ですが、中途半端な作りです。
浴室が2つに分かれていて、カランのある方に大浴場があり、かけ湯のある方に歩行浴や寝湯の浴槽があります。
寝湯に浸かってウダウダしていると頬にひんやりとした微風が当たります。まさかエアコンがあるわけでもあるまいに、と見回すと、窓が開いていて、山から吹き下ろす風が入ってくるのです。
猛暑でも、この辺はとても爽やかな風がひっきりなしに吹いていていいですね。山々に囲まれて不便ではあるでしょうけど、素敵なプレゼントもしてくれるのです。
高校の古文で必ず紹介される万葉集の詠み人知らずの和歌「信濃路は今の墾道(はりみち)刈株(かりばね)に足踏ましむな沓(くつ)著(は)けわが夫(せ)」はこの村の保福寺峠で詠まれたとパンフレットに書かれていました。四方が山の青木村、納得してしまいました。
どうか、男子サッカーの選手にも爽やかな風が吹きますように、願ってやみません。
スポンサーサイト
2012.08.09 Thu l Mobaile l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://arnieonsen.blog94.fc2.com/tb.php/315-453ec81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。